乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌の分類 > ビフィズス菌の特徴と働き

ビフィズス菌の特徴と働き

乳酸菌といってすぐに思い浮かべられるのがビフィズス菌だと思います。 このビフィズ...

乳酸菌といってすぐに思い浮かべられるのがビフィズス菌だと思います。
このビフィズス菌は乳酸菌の中でも善玉菌の代表とも言われ腸内で働き、大腸菌などの増殖を抑制する働きを持っています。

母乳栄養児の腸内にはビフィズス菌が多く存在し、人工栄養児の便内には大腸菌が多く存在しているのに対し、母乳栄養児の便内には他の細菌よりもビフィズス菌が多く存在しています。
これにより母乳栄養児の腸内感染症や羅患率、死亡率を低くするのに役立っていると言われています。
最近ではビフィズス菌の働きを助ける物質が添加された調整粉乳も市販されており人工栄養児の便中にもビフィズス菌の増殖がみられるようになってきています。

善玉菌の増殖を手助けしているのがビフィズス菌で、ビフィズス菌には便秘や下痢の予防や、それらの改善効果があります。
またビフィズス菌をはじめとする乳酸菌には免疫を活性化させ、調節する効果がありさまざまな効果を得ることが出来ます。
その効果にはがん予防や、コレステロールを下げる働きや高血圧の改善効果のほかにも花粉症の予防、改善、アトピー性皮膚炎の改善などいろいろなことに効果を得ることが出来ます。

ビフィズス菌を効率よく体内に送るためにビフィズス菌が配合されたヨーグルトやサプリメントを摂取することで腸内環境をよくすることがとても大切になってくると思います。
サプリメントやヨーグルトなどの食品からビフィズス菌を摂取する場合に気をつけておきたいことは、胃酸でビフィズス菌が死んでしまわないように工夫されているものを選ぶと尚効率よく腸内でビフィズス菌が働きます。
また腸内の細菌バランスというものはそれぞれ個人により違っています、自分にどのようなものが合っているかいろいろな種類のものを試してみることも大切になってきます。
そして長く続けることに意味があるので、短期間ではなく長期的に摂取していけるものを選ぶことが大切にもなってきます。

ビフィズス菌の特徴と働きに関連するコンテンツ一覧

  1. 動物性乳酸菌の特徴と働き
  2. 植物性乳酸菌の特徴と働き
  3. ビフィズス菌の特徴と働き
  4. 乳酸球菌の特徴と働き
  5. 乳酸桿菌の特徴と働き

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類