乳酸菌ウォッチTOP > 腸内環境について > 腸内環境を簡単にチェックする方法

腸内環境を簡単にチェックする方法

腸の健康状態を確認する方法というものがあります。 腸は状態が悪くなることで、はじ...

腸の健康状態を確認する方法というものがあります。

腸は状態が悪くなることで、はじめて自覚症状によって確認できます。
ですが、便秘や下痢といった自覚症状を感じなくても、腸の健康状態を確認する方法があるのです。
それでは、腸内環境を簡単にチェックする方法について見ていきましょう。

腸内環境が良いということは、腸の活動が順調で問題無いということです。
腸は順調に活動していると、特有の音を出します。
誰しもが聞いたことあると思いますが、ゴロゴロという音です。
あれは、腸が動く際に発生する音です。
ですが、継続的に鳴っているのではないため、あえて音を鳴らす必要があります。
それは、水を飲むという方法です。
水を飲むと腸が活動を開始し、ゴロゴロという音がします。
ですが、水を飲んでもゴロゴロという音が聞こえない場合や途切れ途切れに音がする場合は、腸内環境に問題があると言えます。
特に、下痢で悩んでいる場合は、このような途切れ途切れの音が発生しやすいです。
ただ、腸の音は聞き取りにくいかと思われますから、聴診器があれば言うことありません。

腸内環境を簡単にチェックする方法として、腸の状態をどのように感じているかというものがあります。
例えば、下腹部が張っているように感じる場合は、腸の中にガスが貯まっている可能性が高いです。
ガスが腸内に貯まっている状態の腸内環境は悪玉菌が多くなっている状態で、対して善玉菌が少なくなっています。
すなわち、お腹の張りは腸内環境悪化のサインというわけです。

また、腸内環境が悪いと肌荒れが起きやすくなります。
あるいは風邪をひきやすく、疲れがとれにくい状態となっています。
これらも腸内環境悪化の自覚症状と言えます。
これらの自覚症状を感じた場合は、腸内環境を改善する必要があります。

また、腸内環境を簡単にチェックする方法としては、便を確認するというものがあります。
このチェックでは、便の色や便の状態、便の量、匂いなどである程度把握することができます。
いつもと違う便が出た場合は、腸内環境に問題があると言えますから、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

腸内環境を簡単にチェックする方法に関連するコンテンツ一覧

  1. 週末断食は疲れた腸に効果大
  2. 腸内細菌の種類とその働き
  3. 腸内環境を簡単にチェックする方法
  4. 腸の働きと主な役割

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類