乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌の効果について > 乳酸菌によるコレステロール値の低下作用

乳酸菌によるコレステロール値の低下作用

健康診断などの血液検査では、コレステロール値の測定が行われます。 そしてこのコレ...

健康診断などの血液検査では、コレステロール値の測定が行われます。
そしてこのコレステロール値が高いと問題があるとされています。
ですが、コレステロール自体が悪いというわけではありません。

コレステロール値には基準値というものがあり、その範囲であれば何ら問題はありません。
また、コレステロール値は頻繁に上下するものですから、過剰な心配は禁物と言えます。
確かにコレステロールの過剰摂取は、生活習慣病を発症するリスクが高まりますが、数値を元に判断することが大切です。
そしてコレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールというものがあります。

善玉コレステロールとはHDLコレステロールと呼ばれるもので、体内にあるコレステロールを排出するという働きがあります。
そして悪玉コレステロールと呼ばれるものはLDLコレステロールのことで、コレステロール自体を体内に供給するという働きがあります。
ですがLDLコレステロールの量が過剰に増加すると、それらは血管に貯まってしまいます。
このことで、動脈硬化の発症および進行の原因となります。

コレステロールの濃度を下げる効果があるとして、昨今注目を集めているのが「乳酸菌」です。
乳酸菌と言えば、腸内環境を整える働きがあることは知られていますが、さらにコレステロールの濃度を下げるという効果があります。
乳酸菌は腸内でコレステロールと付着します。
そのことで、コレステロールを一緒に体外へ排出させます。
ですが、乳酸菌が必ずしもコレステロール値を下げるというわけではありません。

乳酸菌によるコレステロール値の低下作用は、コレステロール値が高いケースに限り、作用があったことを認められています。
コレステロール値が正常値の場合は、乳酸菌によってコレステロール値が下がることはみられていません。
そのため、乳酸菌は単にコレステロール値を下げるという作用ではなく、コレステロール値を正常な状態にする働きがあるのでは、と考えられています。

乳酸菌によるコレステロール値の低下作用に関連するコンテンツ一覧

  1. 乳酸菌によるストレス緩和
  2. 乳酸菌によるダイエット効果
  3. 乳酸菌による口臭予防
  4. 乳酸菌による潰瘍性大腸炎の症状の抑制
  5. 乳酸菌による大腸がん予防
  6. 乳酸菌による胃がん予防
  7. 乳酸菌によるコレステロール値の低下作用
  8. 乳酸菌による高血圧予防
  9. 乳酸菌による血糖値の上昇抑制
  10. 乳酸菌による花粉症予防
  11. 乳酸菌によるアトピー性皮膚炎の改善
  12. 乳酸菌による肌荒れ改善
  13. 乳酸菌による免疫力強化
  14. 乳酸菌による便秘の予防と解消

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類