乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌の分類 > 動物性乳酸菌の特徴と働き

動物性乳酸菌の特徴と働き

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌との二種類に大きく分けられる乳酸菌ですが、そのうちの動...

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌との二種類に大きく分けられる乳酸菌ですが、そのうちの動物性乳酸菌とはチーズ、ミルクなどの乳製品に含まれている乳酸菌で乳糖を栄養に発酵し、乳酸などの有機酸を作り出す細菌で、乳酸菌と言って思い浮かべるヨーグルトがこの動物性乳酸菌のひとつです。

植物性と違って、乳糖のみを栄養としており他の微生物とは共存していません。
また、食塩の中では生息できず栄養が豊富で、バランスの良い所でないと生息できないという特徴があります。

ヨーグルトの中で動物性乳酸菌が作り出す乳酸や、酢酸は腸内に刺激を与え、腸の働きを活発にする働きがあります。
それにより腸内に悪玉菌が分解して作りだした有害物質を長い間溜めることなく、体外に排出することができるうえ、便も悪玉菌の量が減ってくるため、有害物質の少ない良質な便となってきます。
とはいうものの動物性乳酸菌は胃酸などに弱いため生きたまま腸に届くことは難しいこととなってきます。
しかし乳酸菌は死滅しても便の内容物と共に体外に排出され身体にとってプラスとなる効果を与えることができます。

動物性乳酸菌を含んだヨーグルトを一週間一日に100グラム食べ続けてもらった研究結果を見てみますと、腸内の善玉菌であるビフィズス菌の数が約二倍以上に増加していることが分かっています。
このように乳酸菌は腸内環境の改善作用があることが分かると思います。
また、ヨーグルトのタンパク質は発酵する際に消化された状態になっているためミルクなどと違い消化、吸収がとてもよく身体をつくるのに役立っているほか、カルシウムや、鉄分の消化吸収をよくする働きもあるため成長期の子供にとってもヨーグルトはとても最適な食べ物のひとつとなっています。

子供の頃にヨーグルトやチーズを多く摂取しなさいと言われたのはこのためだということが分かってくると思います。
子供だけでなく大人にとってもヨーグルトなどの乳酸菌が身体にとってとてもいいものだということも分かります。

動物性乳酸菌の特徴と働きに関連するコンテンツ一覧

  1. 動物性乳酸菌の特徴と働き
  2. 植物性乳酸菌の特徴と働き
  3. ビフィズス菌の特徴と働き
  4. 乳酸球菌の特徴と働き
  5. 乳酸桿菌の特徴と働き

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類