乳酸菌ウォッチTOP > 腸内環境について > 腸内細菌の種類とその働き

腸内細菌の種類とその働き

小腸や大腸をひとくくりで腸と呼んでいますが、小腸と大腸はその役割が異なります。 ...

小腸や大腸をひとくくりで腸と呼んでいますが、小腸と大腸はその役割が異なります。

また、腸内細菌と呼ばれていますが、腸内にいる細菌の大半は大腸に生息しています。
小腸は、アルカリ性の分泌液が分泌されるため、腸内細菌にとって環境が好ましくないからです。
反対に大腸内は、腸内細菌にとって増殖しやすい環境となっています。

腸内細菌は、100兆から200兆生息していると言われています。
100兆の腸内細菌の重さは、1キロとされており、200兆の腸内細菌が生息していれば、2キロとなっています。

腸内細菌と言えば乳酸菌が有名ですが、腸内には様々な細菌が生息しています。
腸内細菌は菌ですが、人間にとっては第三の臓器と呼ばれるほど重要な存在とされています。

腸内細菌は第三の臓器であり、なおかつ人体に寄生している存在でもあります。
そのため、寄生している人体の健康状態が悪いと、腸内細菌にも異常を来すことになります。

そして腸内細菌と言えば、「善玉菌」や「悪玉菌」と呼ばれています。
これらはそれぞれ「有用菌」と「有害菌」とされています。
さらに、これらどちらにも属さない菌も存在しています。

善玉菌とも呼ばれている有用菌は、誰でも耳にした事があるであろう、乳酸菌が有名です。
有用菌は便秘の解消だけでなく老化防止にも効果的だと言われています。
一方、悪玉菌と呼ばれている有害菌が増えると、おならの匂いがきつくなる、消化や吸収が悪くなってしまいます。

ですが、腸内細菌において大切なのは、有用菌と有害菌の生息数のバランスがとれているということです。
どちらかが過剰に生息している状態は、腸内環境として好ましくありません。

第三の臓器と呼ばれる腸内細菌の働きは、栄養分や水分の分解、消化、吸収、排泄まですべてに関わったものとなっています。
そのため腸内細菌は生命維持において、重要な役割を担っていると言うことができます。
以前は、消化酸素によって分解作業が行われていると考えられていましたが、それらの作業にも腸内細菌は深く関与しています。
そのため、腸内細菌のバランスを保つことは人体の健康状態にとって、非常に重要なこととなっています。

腸内細菌の種類とその働きに関連するコンテンツ一覧

  1. 週末断食は疲れた腸に効果大
  2. 腸内細菌の種類とその働き
  3. 腸内環境を簡単にチェックする方法
  4. 腸の働きと主な役割

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類