乳酸菌ウォッチTOP > 腸内環境について > 週末断食は疲れた腸に効果大

週末断食は疲れた腸に効果大

身体の各器官はそれぞれ働きを持っており、疲れが溜まる仕組みとなっています。 例え...

身体の各器官はそれぞれ働きを持っており、疲れが溜まる仕組みとなっています。
例えば、肝臓などは沈黙の臓器と呼ばれていますが、これは疲れが貯まっても、自覚症状を発症しないことに由来します。

ですが、ここで問題なことは、現実的に疲れているということです。
各器官は疲れが溜まることで、本来の機能が低下してしまいます。
その結果、様々な機能障害を発症し、何らかの病気を発症する原因となります。

そして、肝臓だけでなく、腸もまた、疲れが溜まってしまう器官です。
そんな腸を休める効果があるとして、昨今人気の高いものが「週末断食」です。

この週末断食とは、週末である土曜日や日曜日に断食を行うというものです。
ですが週末断食は絶食による断食ではなく、朝、昼と食事を抜いて夜は軽い食事や野菜ジュースなどを摂るという方法です。
断食で絶食は、非常に危険なため、個人で行うことは絶対にやめておきましょう。
正しい指導の元で行う必要があります。

では、週末断食によって疲れた腸に対して、どのような効果が期待できるのでしょうか?

断食をすることで、ほとんど食事を摂取しないことになります。
その結果、腸は消化、吸収という働きをほとんど行う必要がなく、しっかりと休みをとることになります。
そして腸は休むことで、腸内細菌の善玉菌と呼ばれている有用菌が増殖するという効果が期待できます。
このことで腸内環境が整えられるということが、週末断食による腸への効果のようです。

まず基本情報として、腸内細菌の有用菌と有害菌は、双方なくてはならない存在です。
有害菌を排除することは腸にとって良い環境にはなりません。
また、双方が孫存在する上で、最も重要なことがその数です。
双方の存在する数のバランスがとれていることが、腸内環境が良い状態と言える状態となっています。
すなわち、むやみに善玉菌である有用菌が増加したからといって、腸内に良いというわけではありません。

この点が、週末断食の効果において、重要なポイントと言えます。
有害菌の方が多い方には、この週末断食はお薦めと言えると思われます。

週末断食は疲れた腸に効果大に関連するコンテンツ一覧

  1. 週末断食は疲れた腸に効果大
  2. 腸内細菌の種類とその働き
  3. 腸内環境を簡単にチェックする方法
  4. 腸の働きと主な役割

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類