乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌を摂ろう! > 乳酸菌を含む食品

乳酸菌を含む食品

私たちが乳酸菌を含む食品としてまず頭に思い浮かべるものとして代表的なものが、ヨー...

私たちが乳酸菌を含む食品としてまず頭に思い浮かべるものとして代表的なものが、ヨーグルトやチーズといった乳製品などではないでしょうか?
もちろんそれらの食品も乳酸菌を含んだ食品ではありますが、その他にも私たちの身近な食品にも様々な乳酸菌を含む食品が数多く存在しています。

乳酸菌というものは糖を分解しそれを栄養分にして増え、乳酸をつくる細菌で、乳酸発酵する食品が乳酸菌を含む食品となっています。
それらには味噌やしょうゆ、酢などの発酵食品などがあります。
例をあげると、味噌は大豆や大麦、米などの食品を発酵、熟成させたものです。
またキムチや、漬物などのぬか漬けの中にも乳酸菌が多く含まれています。
食物繊維も多く含み腸内の善玉菌を増やす働きがありますし、その他にもコレステロールに対していい作用をもたらす働きや、血糖値の抑制に効果があることも分かっています。
ヨーグルトもそうですがそれ以上に味噌やしょうゆ、漬物などの乳酸菌を含む食材は私たちの食卓になくてはならないものばかりの食品だと思います。

腸内の善玉菌を増やすためには生きたまま腸に乳酸菌を届ける必要があります。
そのためには動物性乳酸菌を多く摂取することも大切ですが、キムチやぬか漬けなどの植物性乳酸菌を摂取することにより効率よく摂取した乳酸菌を生きて腸まで届ける確率が高くなってきます。

乳酸菌を多く含む食品を摂取して腸内の善玉菌の数を増やすことも大切なこととなっていますが、それと同様に腸内環境を最適にするためには、腸内の悪玉菌の数を増やさないようにすることも大切になってきます。
どのように腸内の悪玉菌が増えるかというと、ストレスにより胃酸や腸液の分泌が悪くなり腸の働きも悪くなってきます。
ストレスに影響されることにより腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなってきます。
ですから、普段からストレスを溜めないように気をつけることも善玉菌を増やし腸内環境を整えることが大切になってきます。

乳酸菌を含む食品に関連するコンテンツ一覧

  1. 乳酸菌を含む食品

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類