乳酸菌ウォッチTOP > 腸内環境について > 腸の働きと主な役割

腸の働きと主な役割

一般的に「腸」とひとくくりに呼ばれていますが、実際には多くの器官に区分されていま...

一般的に「腸」とひとくくりに呼ばれていますが、実際には多くの器官に区分されています。

腸を大きく区分した表現が「小腸」と「大腸」です。
ですが、これらの中でもさらに区分されています。
小腸は「十二指腸」「空腸」「回腸」、大腸は「盲腸」「結腸」「直腸」に大別されています。
これらの働きや役割はそれぞれ異なっており、ひとくくりにすることはできません。

小腸の十二指腸は、胃と繋がっている腸管です。
胃で一旦消化された摂取物は、まず十二指腸へ運ばれ、十二指腸は膵液(すいえき)や胆汁(たんじゅう)などを分泌し、結腸や直腸でさらに消化しやすくします。
膵液はアルカリ性で遺産を含んだ摂取物を中和する働きがあり、さらに消化酸素の働きを活発化させるための環境を作ります。
消化酸素が働くための環境は、中性である必要があるのですが、胃酸を含んだ摂取物は酸性です。
そこで、十二指腸では酸分泌を抑制するためのホルモンが分泌されます。
そして、胆汁は脂肪質を吸収する働きを促進させる働きがあります。

十二指腸を通過すると、いよいよ摂取物は吸収させることになります。
この吸収を行う器官が空腸と回腸となっています。
そして、消化を終えた摂取物は大腸へと運ばれてきます。

盲腸は、小腸と大腸の中間にあります。
大腸では栄養素が吸収された後の摂取物から、水分を吸収する働きが行われます。
大腸には消化という機能は備わっていません。
こうして水分を吸収された摂取物は体外へ排出されることになります。
摂取物を便とする際は、過剰な水分を吸収しなおかつなめらかなものにするため、粘液を分泌しています。
その後、腸の運動によって体外へと排出されます。

そして、この大腸内に多くの菌が存在しています。
腸内菌と呼ばれていますが、小腸では強いアルカリ性の胆汁が分泌されているため、生息することが困難です。
小腸で1度減少した菌は、大腸へいくと再び増殖します。
これは、大腸内の環境が菌にとって良いからです。
この腸内にいる菌は500種類以上とされており、その数はなんと100兆を超すとされており、全ての菌を集めた重量はなんと1キロから2キロとされています。

腸の働きと主な役割に関連するコンテンツ一覧

  1. 週末断食は疲れた腸に効果大
  2. 腸内細菌の種類とその働き
  3. 腸内環境を簡単にチェックする方法
  4. 腸の働きと主な役割

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類