乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌の効果について > 乳酸菌による血糖値の上昇抑制

乳酸菌による血糖値の上昇抑制

血液内におけるブドウ糖の濃度のことを「血糖値」と呼びます。 この血糖値は、食事を...

血液内におけるブドウ糖の濃度のことを「血糖値」と呼びます。
この血糖値は、食事をすることで上昇するという性質を持っています。

ブドウ糖は、身体の細胞が必要とする栄養分です。
栄養分ですが、血液中に多ければ多いほど良いというわけではありません。
いくらブドウ糖が多くても、インスリンがないと栄養分として細胞に取り込まれることはありません。
そして、インスリンの不足が慢性化すると、インスリンを生成している膵臓は、インスリンを分泌しなくなります。
この状態が、糖尿病というわけです。

糖尿病は1度発症すると完治することのない、恐ろしい病気です。
そのため、ブドウ糖は適切な量であることが重要です。
すなわち血糖値が正常よりも高い場合は問題があるということです。

上記のように、糖尿病の発症だけでなく、甲状腺機能亢進症や感染症、肝臓の疾患や、脳下垂体機能亢進症、副腎機能亢進症、多発性硬化症、悪性腫瘍など発症リスクが高くなります。
そのため、血糖値は常に抑える必要があるというわけです。
この血糖値の上昇を抑制する働きがあるとされているのが「乳酸菌」です。

そもそも血糖値が高くなる原因には、肥満や食習慣の問題、運動不足、ストレス、掘る御分泌の機能阻害などがあるとされています。
ですが、その大半は生活習慣に問題があります。
とはいえ、生活習慣というものは、簡単に変えることができるものではありません。
そのような困難な対策よりも、乳酸菌の摂取で血糖値を抑制することが可能となっています。

乳酸菌が血糖値上昇を抑制する効果があると認められたのは、つい先日のことです。
そもそも牛乳には血糖値を下げるという作用があることは認知されていました。
牛乳よりもさらに多くの乳酸菌を含むヨーグルトなどを摂取すると、さらに血糖値の上昇を抑制することが可能とされています。
もちろん、ヨーグルト以外の乳酸菌を含む食品を摂取することでも、血糖値の上昇を抑制する効果を期待することができます。

乳酸菌による血糖値の上昇抑制に関連するコンテンツ一覧

  1. 乳酸菌によるストレス緩和
  2. 乳酸菌によるダイエット効果
  3. 乳酸菌による口臭予防
  4. 乳酸菌による潰瘍性大腸炎の症状の抑制
  5. 乳酸菌による大腸がん予防
  6. 乳酸菌による胃がん予防
  7. 乳酸菌によるコレステロール値の低下作用
  8. 乳酸菌による高血圧予防
  9. 乳酸菌による血糖値の上昇抑制
  10. 乳酸菌による花粉症予防
  11. 乳酸菌によるアトピー性皮膚炎の改善
  12. 乳酸菌による肌荒れ改善
  13. 乳酸菌による免疫力強化
  14. 乳酸菌による便秘の予防と解消

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類