乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌の効果について > 乳酸菌による口臭予防

乳酸菌による口臭予防

乳酸菌は、腸内細菌として知られています。 腸内細菌とは腸内に生息している細菌のこ...

乳酸菌は、腸内細菌として知られています。
腸内細菌とは腸内に生息している細菌のことで、第三の臓器とも呼ばれています。
ですが、乳酸菌=腸内細菌ではない、ということをご存知でしょうか?

実は乳酸菌は、腸内以外にも生息しています。
その場所は口腔内です。
口腔内には、およそ100種類以上の細菌が生息しているとされており、その中に乳酸菌も含まれているのです。
そして、口腔内の乳酸菌は、口臭と大きく関係しています。

口臭の主な原因は、口腔内に生息している歯周病菌と言われています。
この歯周病菌が歯周病や虫歯、口臭の原因となっています。
そして乳酸菌は、口腔内の歯周病菌を殺菌するという働きがあるため、その結果、口臭予防となるというわけです。
ですから、口臭が強いという方は、口腔内の細菌に問題があるというわけです。

例えば、乳酸菌には有用菌と有害菌である、善玉菌と悪玉菌というものがあります。
これらの両者それぞれは、存在自体が悪いというわけではありません。
つまり、悪玉菌が生息していることが何らかの健康障害を発症させる原因ではないということです。
大切なのは両者の生息するバランスにあります。

有用菌と有害菌は、共生しながらも双方のバランスが大きく崩れることで、何らかの健康障害が発生します。
このバランスを取る効果が期待されているのが、乳酸菌の摂取なのです。

例えば、腸の調子が悪いといった場合は、これら有用菌と有害菌の生息バランスが乱れているという状態です。
腸にヨーグルトといった乳酸菌が配合された製品を摂取するのが良いとされるのは、このような背景があるからなんです。

ただし注意が必要な点があります。
それは、乳酸菌とは細菌、特に腸内細菌の総称とされているという点です。
腸内細菌には、様々な種類があります。
例えば、ビフィズス菌やヤクルト菌、LG21といったものは全て乳酸菌です。
そしてこれらの菌は、それぞれ摂取によって身体に与える効果が異なります。
すなわち、乳酸菌の配合された製品を摂取すれば、全てにおいて効果が期待できるという考えは誤りなんです。

乳酸菌による口臭予防に関連するコンテンツ一覧

  1. 乳酸菌によるストレス緩和
  2. 乳酸菌によるダイエット効果
  3. 乳酸菌による口臭予防
  4. 乳酸菌による潰瘍性大腸炎の症状の抑制
  5. 乳酸菌による大腸がん予防
  6. 乳酸菌による胃がん予防
  7. 乳酸菌によるコレステロール値の低下作用
  8. 乳酸菌による高血圧予防
  9. 乳酸菌による血糖値の上昇抑制
  10. 乳酸菌による花粉症予防
  11. 乳酸菌によるアトピー性皮膚炎の改善
  12. 乳酸菌による肌荒れ改善
  13. 乳酸菌による免疫力強化
  14. 乳酸菌による便秘の予防と解消

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類