乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌の効果について > 乳酸菌による胃がん予防

乳酸菌による胃がん予防

ガンという病気は、患者の生命を危険に脅かす病気であり、なおかつ適切な治療方法とい...

ガンという病気は、患者の生命を危険に脅かす病気であり、なおかつ適切な治療方法というものが未だ確立されていません。
このガンが発生する原因とは、正常な細胞の変異にあります。

正常な細胞が、突然変異によってガン細胞へと変わります。
そしてガン細胞は、死滅することなく、増殖を繰り替えします。

胃がんは、胃の細胞ががん化した病気のことで、がん細胞の発生する仕組みは、胃粘膜の炎症や発ガン性物質の影響などが考えられています。

これらの影響によって、正常な細胞の遺伝子が傷つきます。
このことをイニシエーションと呼びます。

その後、突然変異の細胞が発生し、ガン化の要因であるプロモーションによって、がん細胞として変化します。
その後は、異常増殖を繰り返しがん細胞となります。

このような仕組みを背景に、胃がんの発症に関係しているのは胃粘膜の炎症です。
そのため、胃粘膜が傷つかないようにすることは、胃ガンの発症を予防することに繋がるとされています。
そして昨今、胃ガンの発症を予防する作用があると期待されているのが「乳酸菌」です。

これは胃がんの中で、発症の原因の1つとされている「ピロリ菌」に対する作用と言われています。
ピロリ菌と胃がんの因果関係は証明されていませんが、胃がんの発症患者の多くはピロリ菌の感染者という結果があります。

ピロリ菌は、胃の粘膜を傷つけるため、胃がんの発症する原因と言われています。
また、昨今ではピロリ菌を除菌することが胃がんの予防に繋がるというガイドラインが発表されました。
そんなピロリ菌の除菌に効果があるとされているのが、乳酸菌というわけです。
乳酸菌は、胃の中に生息するピロリ菌の数を減らす効果があることが認められています。

このように、乳酸菌には驚く作用があります。
ですが、乳酸菌と一口にいっても、様々な種類が存在しています。
ビフィズス菌やヤクルト菌、昨今胃ガンの予防に効果的と話題のLG21など、多くの種類がありますから、乳酸菌が配合されている商品を購入する際は注意しましょう。

乳酸菌による胃がん予防に関連するコンテンツ一覧

  1. 乳酸菌によるストレス緩和
  2. 乳酸菌によるダイエット効果
  3. 乳酸菌による口臭予防
  4. 乳酸菌による潰瘍性大腸炎の症状の抑制
  5. 乳酸菌による大腸がん予防
  6. 乳酸菌による胃がん予防
  7. 乳酸菌によるコレステロール値の低下作用
  8. 乳酸菌による高血圧予防
  9. 乳酸菌による血糖値の上昇抑制
  10. 乳酸菌による花粉症予防
  11. 乳酸菌によるアトピー性皮膚炎の改善
  12. 乳酸菌による肌荒れ改善
  13. 乳酸菌による免疫力強化
  14. 乳酸菌による便秘の予防と解消

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類