乳酸菌ウォッチTOP > 乳酸菌の分類 > 植物性乳酸菌の特徴と働き

植物性乳酸菌の特徴と働き

乳酸菌の種類には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌との二種類に大きく分けることが出来ます...

乳酸菌の種類には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌との二種類に大きく分けることが出来ますが、乳酸菌は乳という文字がついていることから、ヨーグルトなどの乳製品に含まれているものと思われがちのようですが、その他にもさまざまな種類の食べ物に乳酸菌が含まれているのです。

乳酸菌というものは糖を栄養に発酵し、乳酸などの有機酸を作り出す細菌です。
その中でも植物性乳酸菌というのは生きたまま腸に届くものが多いというのが特徴的です。
それは植物性乳酸菌が動物性乳酸菌よりも酸やアルカリなどに強く、栄養が豊富でない所やバランスが悪い所でも植物性乳酸菌は死滅する事なく生息することが出来るという特徴を持っているため、摂取後胃酸などにより死滅することもありません。

その他にも植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖、ショ糖などさまざまな糖類を栄養にして発酵することが可能ですし、さまざまな微生物とともに共存することも出来、高濃度の食塩の中でも生息することが出来るためとても強い乳酸菌といえます。
これにより生きたまま腸内へたどり着くことができ、腸内環境を整え、体調を改善する働きが得ることができます。
また野菜を利用した漬物や韓国で有名なキムチなどの植物性乳酸菌などを摂取することで、食物繊維も同時に摂取することができ、より効率よく腸内環境を整えることができるものと思われます。

植物性乳酸菌を含む食品は私たちの身近にもとても多くのものが存在しています。
日本では漬物などの他に味噌やしょうゆといったものも植物性乳酸菌を含む食品のひとつですし、韓国ではキムチ、中国ではザーサイなどというように世界中には植物性乳酸菌を含んだ食品が多く存在していることが分かります。

乳酸菌が生きたまま腸に届くことにより腸内の善玉菌を増やし、腸内の機能を高め消化吸収などを促進することにより、便秘や下痢などの改善、予防やさまざまな効果を身体にもたらすことにつながってきます。

植物性乳酸菌の特徴と働きに関連するコンテンツ一覧

  1. 動物性乳酸菌の特徴と働き
  2. 植物性乳酸菌の特徴と働き
  3. ビフィズス菌の特徴と働き
  4. 乳酸球菌の特徴と働き
  5. 乳酸桿菌の特徴と働き

乳酸菌の分類

乳酸菌の効果について

腸内環境について

乳酸菌を摂ろう!

主な乳酸菌の種類